スポンサーサイト

--/--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントの投稿


秘密にする

人間椅子「頽廃芸術展」

2009/01/23/Fri
CDレビュー:人間椅子「頽廃芸術展」
和製ハードロックバンド、人間椅子の7thアルバム

「九相図のスキャット」は死体が腐って朽ちて行く様子を歌にした曲。陰鬱な感じですがどこか聴きやすいです。


ちなみに初音ミクが歌ってみたのもあったり。本家のが重苦しい感じがするのに対し、こっちはぼんやりとした虚無感が漂ってます。これはこれでいいと思う。絵も可愛い

「エキサイト」はギャンブルがやめられない止まらない人間の悲哀をスラッシュな曲調で歌った曲。「銀河鉄道777」とあわせて聴くと、破滅に向かってるのにそれでも止まらない、ギャンブル狂の悲しさと滑稽さがよく分かる

「ダンウィッチの怪」、で・・でた・・・ラヴクラフト・・・頽廃芸術展のラストにやってくるドロドロ重苦しい曲。
曲展開のドロドロ→シーン・・→ズズズ→ドゴンゴゴンとした感じが最高です。扉よ開け ヨグソトト 歌詞もクトゥルフネタを知ってると面白い

比較的暗め、重ための曲が多いアルバムですね。歌詞を頭の中で想像するとゾッとする「血塗られたひな祭り」やポップでホッとする(?)「天体嗜好症」もオススメよ

ちなみにアルバムタイトルの「頽廃芸術展」ってのは、ドイツのナチス政権が当時の芸術家に対して行った弾劾活動のことなんだと。へほー




コメントの投稿


秘密にする
HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。