スポンサーサイト

--/--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオン作品MYベスト10

2010/02/14/Sun
チャンピオン紳士仲間である人面犬さんが、週刊少年チャンピオン作品のMYベスト10を選出しようぜ!という企画を立てていました。
http://akitashoten.blog103.fc2.com/blog-entry-498.html

というわけで自分もチャンピオン紳士として企画に参加せざるを得ない!つーわけで語っていきます。

まずチャンピオンとの出会いですが、小学校のころ通っていた病院の待ち合い室に置いていたのが一番最初の出会いだったと記憶しています。つまり1996年あたりからですね。
「浦安鉄筋家族」の、夏休みに春巻が遭難する回ですごい引き込まれましたね。「鉄鍋のジャン」や「学校怪談」も読んでたと思う。
あと「超香少年サトル」が好きだったり。今ではネタ漫画扱いされてますが、子供にはこれぐらいの胡散臭さがあったほうが面白いのかも知れません。

では作品のMYベスト10です。

1位「バキ」

グラップラー刃牙で活躍したキャラVS最凶死刑囚!これは楽しかった!
地下闘技場から舞台を広くしたことにより、展開にバラエティさが出てきたと思います。
(まあ今では展開がバラエティを超えてカオスなんですがね。)
SAGAというとんでもない逸材を出してくれたことも評価のひとつ。でもあそこ辺りがこの作品のピーク・・だったと思う。

作品自体も面白いんですが、個人的にバキが1位な理由は「ファンサイトが面白かったから」
特に、知る人ぞ知るバキサイト「血まみれ屋敷」というサイトにあったお絵描き掲示板「モンパルナスの森」では
日々バキをネタに熱いイラストが投稿されていたものです。がちょん次郎さんMOMOさんヒゲペンギンさんはこちらで活躍されていたので知りました。
自分の「ネタ絵師」というアビリティを付けてくれた、良い意味でも悪い意味でもすごいサイトだったと思います。
(また「偽格闘士」というサイトもあったのですが、そちらはより紳士率が高く、これもまた影響がすごかった・・・)


2位「覚悟のススメ」

初めて読んだのは友人の家に3巻があったから。「これがアンドロメダかぁ~」「Wゼットカップボンバー」「巨大+全裸で学校に宣戦布告しにくるライ」などの演出から、当時は完全にキワモノ漫画扱いしてました。
数年後、ネット上で「漫画で燃えた台詞スレ」みたいなのでちょくちょく話題に挙がってたんですね。
で、興味を持って古本屋で立ち読みしてみると・・・え!なにこれ、すごい面白い!熱い!こんな漫画だったのか!?(ちょっと方向性おかしいけど)
つうわけでキワモノ漫画から一気に個人的名作に評価がアップしました。
ちなみに2位なのは、「覚悟」を知ってたおかげで「シグルイ」にリアルタイムでガッツリハマれたから。


3位「ギャンブルフィッシュ」

「涅槃姫みどろ」が終了し、「ああ、あんなにも厄い漫画が終わってしまって、寂しいなぁ・・」と思ってたところに突如現れたこの作品。
ギャンブルフィッシュを語るときに欠かせないのが阿鼻谷先生。このキャラが全て持っていきましたね
「チャンピオン作品の先生キャラは色々とおかしい(例:輪道の高虎校長)」の法則に従い、ブッとんだ容姿や言動からチャンピオン紳士のハートを見事にキャッチ!

しかし、すごかったのがここから
いきなりトランプのテクニックを語りながら脱衣をし始める月夜野さん・・・チェーンソーで指切断・・・ビリヤード終了後、天井から降ってくるアヴィ・・・「阿鼻谷ゼミ」・・・下剤を盛られる月夜野さん・・・
毎週面白すぎて、スレの盛り上がり方もすごかったです。思わずmixiのコミュニティ管理人になってしまうほどですよ!
現在の連載も適度に緊張感、ネタが混ざり面白い作品だ!しかしアヴィがここまで化けるとはね


4位「涅槃姫みどろ」

旧サイトの絵板にて、コテやんさんから教えられた作品。
この時期、いわゆる「チャンピオンはバキしか読んでない」状態だったのですが、
これのおかげでチャンピオン熱が再発。というか本格的にチャンピオン紳士入りし始めた。
「熟女っぽい容姿のクセに制服を着る」「厄い」「適度にグロ」という素晴らしい要素をもった漫画でしたね。よく熟女ネタを使わせていただきました。


5位「みつどもえ」

ああ、もう登場キャラがみんな可愛いよぉ~~~!!!お気に入りはみっちゃんと吉岡さんだよぉ~~~!!
アニメ化が楽しみでもあり不安でもある。


6位「鉄鍋のジャン」

初めて見たのが五行先生初登場時。「髪型おかしいだろコレw」とか思ってたらまさかの箸が止まらない。これにはビビった。
その後もジャンや五行のキャラの濃さに困惑したり、審査員が毎度大変な目にあったり、と、今までの料理漫画の概念を覆させてくれました。Rの復活は嬉しかったなぁ。
ちなみに食べてみたい料理は「ハトの血のデザート」と「ラー油炒飯」


7位「悪徒」

打ち切り方が神
3巻マダー?


8位「浦安鉄筋家族」

ご存知チャンピオンの顔。最近のほうも気が向いたら読んでます。ノムさんって可愛いよね。
小学生の頃から読んでますが、初期のノリは今読んだらあまりにもバカバカしすぎてまた別の方向性で笑えてしょうがない。
「猪木がいきなり家にトイレを借りにきて、とてつもなくでっかいウンコをして帰っていった」もうこれだけで笑える。
あと小ネタとかも案外充実しているので、細かいところも楽しめますね。B級映画好きなのよね。


9位「オヤマ! 菊之助」


お世話になりました。


10位「BMネクタール」

チャンピオンをパラパラとめくってたら「コップから出てきたU.S.BMがオバさんの顔をボリボリ食い始めたシーン」だった。
これで一気に引き込まれましたね。BMこえええ!!!
読み始めたのは2部からでしたが、面白さは1部ですね。BMの設定とモンスターパニックというジャンルを見事に活用できている名作だと思います!


というわけでこれがチャンピオン作品MYベスト10です。他にも好きな作品はいっぱいありますよ。ええ

ここ最近のチャンピオンの連載作品の魅力は「ネット上の人(紳士)たちと盛り上がることが出来る作品」だと思います。
単体で読んだら「まあ普通なんじゃね?」と思われる作品でも、チャンピオン紳士の鋭い観察眼、独特の価値観によりとてつもない作品になる!!これが楽しいんだなぁ。
(だからこそ「他人に勧めにくい」ってのがありますが・・・)

これからも面白い(そして厄い)作品を連載してねチャンピオン!


スポンサーサイト

覗き

2010/02/07/Sun
koumieta42.jpg

二次裏で「野グソしてるヤツ覗き見」スレでも立ってるのかと思いクリックしたらこれだよ


ジャミラ

2010/02/07/Sun
koumieta41.jpg
こわい


HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。