スポンサーサイト

--/--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌ってみた(笑)

2009/08/08/Sat

ごめん・・・一回やってみたかったんだ・・・


スポンサーサイト

筋肉少女帯「シーズン2」

2009/07/04/Sat

筋肉少女帯の新譜「シーズン2」のレビューだよ~

アマゾンでCDを買ったんですが、便利すぎてチビるかと思った。
なにこれ、ワンクリックで何でも買えちゃうじゃない。
便利だ・・・便利だけど色々と衝動買いしちゃいそうで怖い・・・

以下、曲の感想


続きを読む

ムック「6」

2009/02/10/Tue

日本のヴィジュアル系ロックバンド、ムックの6thアルバム「6」のレビューです

「ムック?ポンキッキーズのアレか?マヌケなバンド名だなぁ」
とあなどるなかれ。中身はヘヴィさ・荒々しさ、暗さをバッチリもったロックバンドだ!デス声もあるでよ!
ヴィジュアル系に分類されますが、耽美な感じやお化粧ギラギラ感はあまりしないので、
メタル好きな人にも受け入れやすいと思います。(歌詞はヴィジュ寄りかもね)
特に初期の作品は重い重い。最近の作品は比較的キャッチーなロック寄り。

以下、曲の感想

続きを読む

人間椅子「修羅囃子」

2009/01/29/Thu
人間椅子の11thアルバム「修羅囃子」のCDレビューです

「鬼」はイントロからかっこいい。
曲名通り鬼が子供を追い回す様子が激しい曲調で表されてるぞ!
まあ最近の生意気な子供は鬼に追い回されてトラウマになるぐらいがちょうどいいと思うんですがね(外道~~

「終わらない演奏会」、これも激しい曲調のナンバー。
体育館で行われる、なぜか終わらない演奏会。客の目もうつろ、演奏もめちゃくちゃな演奏者達。
情景を想像するとどこかシュールで、不気味な感じがしますねぇ。

「恐山」、ゆったりとした、寂しげな曲
恐山ってのはご存知青森にある恐山ですね。死んだ人がそこに行くと伝わってる地方もある、日本三大霊場のひとつのようです。
聴いてると綺麗なメロディと寂しげな感じが相まって、どうにも意識がとびそうになります。

「相剋の家」、このアルバムで一番好きな曲です。
なんか宗教臭がするドンヨリとしたコーラス、激しくテンポが変わる曲構成。
混乱した頭の中を表した曲らしいですが、まさしくですね。途中のまったりした空気から不安なメロディーに変わるとこが好きです。
他人を羨み自分を蔑み未来を諦め何処へ行こうか

他にも、相変わらずのドロドロ曲「東洋の魔女」や「蛇性の淫」もオススメですぞ


どうでもいいですが、ライナーノーツの舞妓さんの格好をした和嶋さんがツボです
wajima
怪しい・・・怪し過ぎる!!(褒めてる



人間椅子「頽廃芸術展」

2009/01/23/Fri
CDレビュー:人間椅子「頽廃芸術展」
和製ハードロックバンド、人間椅子の7thアルバム

「九相図のスキャット」は死体が腐って朽ちて行く様子を歌にした曲。陰鬱な感じですがどこか聴きやすいです。


ちなみに初音ミクが歌ってみたのもあったり。本家のが重苦しい感じがするのに対し、こっちはぼんやりとした虚無感が漂ってます。これはこれでいいと思う。絵も可愛い

「エキサイト」はギャンブルがやめられない止まらない人間の悲哀をスラッシュな曲調で歌った曲。「銀河鉄道777」とあわせて聴くと、破滅に向かってるのにそれでも止まらない、ギャンブル狂の悲しさと滑稽さがよく分かる

「ダンウィッチの怪」、で・・でた・・・ラヴクラフト・・・頽廃芸術展のラストにやってくるドロドロ重苦しい曲。
曲展開のドロドロ→シーン・・→ズズズ→ドゴンゴゴンとした感じが最高です。扉よ開け ヨグソトト 歌詞もクトゥルフネタを知ってると面白い

比較的暗め、重ための曲が多いアルバムですね。歌詞を頭の中で想像するとゾッとする「血塗られたひな祭り」やポップでホッとする(?)「天体嗜好症」もオススメよ

ちなみにアルバムタイトルの「頽廃芸術展」ってのは、ドイツのナチス政権が当時の芸術家に対して行った弾劾活動のことなんだと。へほー




HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。